Browse By

ちょっとDMM mobileについて調べてみた!

新しくiPhone 6sと6s plusが発売され3キャリアともSIMロックを解除対象とのことなので格安SIMのDMM mobileについて調査してみました!
 
 

DMM mobileはNTTドコモの回線を使用しているIIjmioがMVNEとして回線を貸しているらしいです。

 
まぁNTTドコモの回線ということです。
公式サイトにもドコモ回線と書かれていました!
なのでNTTドコモのサービスエリアはすべてつながるみたいです。
 
サービスとして良いなと思うのが以下の二つだと思います。
  • データの繰越
  • バースト機能
データの繰越は名前の通り余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるという機能で使わなかったデータは無駄なく使えるのではないでしょうか?
それとデータを追加チャージできるようでチャージ分も繰越対象のようです!
しかし1000MBの追加チャージだけ繰越なしバージョンも存在するので使用時の状況に合わせて選べるのはいいのではないかと思います。
 
次にバースト機能に関してなんですがこれは200kbpsの低速通信時の通信を行っている際にストレスを軽減してくれる機能のようです!
 
通信開始時からずっと低速で通信するのではなく通信開始時に高速で通信することで読み込みを早くするという方法みたいです。
 
これによりテキストメインのサイトならすぐに読み込めちゃうってことらしい・・・
 
最後に肝心のデータ容量と値段について見ていこうと思います。
コースは以下の二つです、
  • シングルコース
  • シェアコース
 
そしてプランは以下の二つです。
  • データSIMプラン
  • 通話SIMプラン
これといって変わったプランではないので詳しい説明は省きます!
DMM mobileは業界最安値を掲げている会社なので今後も最安値のMVNO会社となる思われます。
 
データSIMプランの価格としては
ライトプラン 440円
1GB 630円
2GB 770円
3GB 850円
・・・
20GB 6090円
となっています。
 
通話SIMプランでは
ライトプラン 1140円
1GB 1260円
2GB 1470円
3GB 1500円
・・・
20GB 6790円
となっています。
 
通話SIMプランの3GBがかなりお得なような気が・・・
 
シェアコースでは通話SIMの枚数によって価格帯が変わってくるようです!
データSIMのみだとシングルコースのデータSIMと値段が変わらないみたいです。
 
なのでスマートフォンで通話SIM1枚でタブレットはデータSIM見たいな感じで使うのがベストのような気がします!
ちなみにシェアコースではSIMの枚数の最大は3枚のようです!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です